2007年06月30日

H17 情報 第5問

IV-5
変数rootは次の図にある二分木の根を参照している。この二分木を次のC言語の関数で検索する。なお,構造体のメンバleftとrightが0のときは子がないものとする。search(root, 34)という引数で関数を呼出し,終了した場合の変数countの値を選べ。

 struct nodes { int value; struct nodes *right, *left; };
 typedef struct nodes *Node;

 int count =0;

 int search( Node node, int value ) {
   count++;
   if(node->value == value) return 0:
   if(node->rigut != 0 && search(node->right, value)==0)
     return 0:
   if(node->left != 0 && search(node->left, value)==0)
     return 0:
   return -1;
 }

pe_h17_05


@ 1 A 2 B 4 C 6 D 8


解答:C

二分木の右優先で探索を行うので、

 29→45→82→56→19→34

という順序で探索(関数呼び出し)が進むことになる。

posted by noumea at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

H17 情報 第4問

IV-4
次のC言語のプログラムで,n ≧ 2 として関数fを呼び出したとき,fの内部でf自身が呼び出される回数をnのオーダで表したものを選べ。

 int f(int n)
 {
   if(n < 2)
     return 1 ;
   else
     return f(n-1) + f(n-2) ;
 }

@ O(n)
A O(nlogn)
B O(n2)
C O((1+√5)n)
2
D O(n!)


解答:C


フィボナッチ数の一般項は、


f(n)= 1 {(1+√5)n − (1-√5)n }
√522

であるので、計算量は
O((1+√5)n)
2
となる。
posted by noumea at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

H17 情報 第3問

IV-3
次のC言語のプログラムを実行したときに,表示される結果を選べ。

 #include
 int x, y;
 int f(int a, int x)
 {
   ++x;
   ++y;
   return a+y;
 }

 main() {
   int y, z ;
   y = 100;
   z = f(10, y) ;
   z += y ;
   printf(“%d\n”, z) ;
 }

@ 11 A 101 B 110 C 111 D 211


解答:C


main()からf()が呼び出されたとき、main()内のローカル変数である
y=100となっている。
f()が呼び出されたとき、f()内のローカル変数であるa=10、x=100。
f()内にはローカル変数yは宣言されていないので、f()内の変数yは
グローバル変数であり、宣言時に初期化y=0となっている。
++y;終了後はy=1であるので、f()の戻り値は11。
f()からmain()に戻ってきて、z=11となる。
ここでローカル変数y=100のままなので、z+=y終了後はz=111となる。

posted by noumea at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

H17 情報 第2問

IV-2
次のC言語のプログラムを実行したときに表示される結果を選べ。ただし,&は変数のアドレスを得る演算子,*はアドレスが指しているメモリの内容を得る演算子,++はメモリの内容に1を加える演算子である。

 #include
 int sub(int *x, int *y) {
   (*x)++;
   (*y)++;
   return *x + *y;
 }

 main() {
   int a = 0, b = 0;
   b = sub(&a, &a);
   printf(“%d %d\n”, a, b);
 }

@ 0 2 A 0 3 B 1 3 C 2 3 D 2 4


解答:D


main()からsub()を呼び出した時点で、a=0。
sub()に入ったところでa=0なので*x=*y=0。
(*y)++;終了時点で*x=*y=2なのでsub()の戻り値は4。
したがって、sub()からmain()に戻ったところでa=2、b=4。
posted by noumea at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

H17 情報 第1問

IV-1
次の2進数固定小数点演算の答えに最も近いものの十進数表示を次の中から選べ。

    0.11010110 + 0.01010011

@ 1.12 A 1.13 B 1.14 C 1.15 D 1.16


解答:D


   0.11010110
 +)0.01010011
----------------------------
   1.00101001

1.001010012 = 1 + 2-3 + 2-5 + 2-8

      = 1 + 1/8 + 1/32 + 1/256
      = 1 + 0.125 + 0.03125 + 0.00390625
      = 1.16015625

posted by noumea at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

H18 情報 第35問

IV-35
650M (=650×106)バイトのデータが入るCD-Rに,次のような仕様の音声情報を記録したい。おおよそ何時間のデータを記録できるか,最も近いものを@〜Dの中から選べ。

仕様:標本化周波数  44,100Hz
   量子化ビット数 16bit(整数値)
   チャンネル数  2チャンネル(ステレオ)
   コーデック   AAC:1/10圧縮

@1時間 A2時間 B5時間 C10時間 D20時間


解答:C


16bit=2byte、1時間=3600秒であるので、

650 × 106 ÷ ( 44100 × 2 × 2 × 3600 ÷ 10 ) = 10.23...
posted by noumea at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

H18 情報 第34問

IV-34
文字コードに関する次の記述のうち,最も不適切なものを選べ。

@1983年に改正されたJIS漢字コード(JIS X O208:1983)では,いくつかの漢字の字形が1978年の版(JISXO208:1978)から変更され,字体の入替えも行われた。
A1983年に改正されたJIS漢字コード(JIS X O208:1983)と,1990年に再改正されたJIS漢幸コード(JIS X O208:1990)のどちらを採用するかによって,丸付き数字やローマ数字などについて,コンピュータによって表示がおかしくなる場合がある。
B2000年に制定されたJIS漢字コード(JIS X O213:2000)では,第3水準や第4水準の漢字も定められている。
C1990年のJIS漢字コードでは新たに補助漢字も制定された(JIS X O212:1990)が,あまり普及することはなかった。
DJISの国際符号化文字集合として制定されたUnicode(JIS X O221-1:2001)のCJK統合漢字(CJK Ideograph)では,異体字の機能が定められており,漢字の異体字を選択するのに用いられている。


解答:D


Unicodeでは、異体字に同じコードを割り当てている場合があり、
問題となっている。
異体字コレクションとしてAdobe-Japan1の登録要求が提出されているが、まだ採用されていない。
posted by noumea at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

H18 情報 第33問

IV-33
分散型データベースの満たすことが望ましい特性に含まれていないものを次の中から選べ。
@データが複製されているかどうかを知らずに処理できる。
Aトランザクションはデータ項目の位置に依存しない。
B複数トランザクションの並列処理の結果は,ある順序でトランザクションを1つずつ実行した場合のいずれかの結果に等しい。
C処理性能がネットワークの構造に依存しない。
D障害が発生した場合,トランザクション全体が処理されたか,または全くされないかのいずれかである。


解答:C


処理性能はネットワーク構造の影響を受ける。
データを分散管理する際には、パフォーマンス特性とネットワークの信頼性を考慮する必要がある。
posted by noumea at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

H18 情報 第32問

IV-32
以下のデータベースのログが記録されていた。undo/redo方式を採用したシステム障害後の回復リスタートの手順として,最も適切なものを@〜Dの中から選べ。ここで,[b,T]はトランザクションTの開始,[w,T,X]はトランザクションTによる領域Xへのwrite操作,[c,T]はトランザクションTのコミット操作を表す。

[b,T1],[w,T1,A],[b,T2],[c,T1],[b,T3],[w,T3,B],[w,T2,C],[w,T3,D],[c,T2]

@[w,Tl,A]と[w,T2,C]のundoを行う。
A[w,Tl,A]と[w,T2,C]のundo処理を行い,つぎに[w,T3,B]と[w,T3,D]のredoを行う。
B[w,T3,D]と[w,T3,B]のundo処理を行い,つぎに[w,T1,A]と[w,T2,C]のredoを行う。
C[w,T3,D]と[w,T3,B]のredo処理を行い,つぎに[w,Tl,A]と[w,T2,C]のundoを行う。
D[w,Tl,A]と[w,T2,C]のredo処理を行う。


解答:B


コミットされた時点に戻す。
T1/T2はコミット済みであるのでredo処理を行い、
T3はコミットされていないのでundo処理を行う。
posted by noumea at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

H18 情報 第31問

IV-31
データベースにおけるトランザクションの耐久性(durability)の説明として最も適切なものを次の中から選べ。

@コミットしたトランザクションの更新結果はデータベースから消失しない。
A各トランザクションは同時に処理されても他のトランザクションの影響を受けない。
Bトランザクションのデータ操作は二者択一である。
Cデータベースはトランザクションの処理前と処理後で整合性がとれた状態になる。
Dトランザクションの操作結果は,コミットまたはアボートのいずれかである。


解答:@


データベースのACID特性に関する問題。
A独立性(Isolation)
BD原子性(Atomicity)のこと。
C整合性(Consistency)のこと。
posted by noumea at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

H18 情報 第30問

IV-30
次のSQL文でテーブルを作成し,INSERT文でタプル(レコード)を格納した。
この説明として最も適切なものを@〜Dの中から選べ。ただし,CREATE文とINSERT文以外は使用せず,制約が削除,変更,猶予および遅延されることなく実行されるものとする。

CREATE TABLE親子動物園
(子CHAR(10),親1 CHAR(10),親2 CHAR(10), PRIMARY KEY(子),
FOREIGN KEY (親1) REFERENCES 親子動物園(子),
FOREIGN KEY (親2) REFERENCES 親子動物園(子));

@テーブルの作成ができ,タプルを格納して次のテーブルの内容(インスタンス)になることができる。

親1親2
アイアイケイケイパンパン
ケイケイNULLNULL
タカシアイアイピンピン
パンパンNULLNULL
ピンピンNULLNULL
ランランNULLケイケイ
NULLケイケイパンパン


Aテーブルの作成ができ,タプルを格納して次のテーブルの内容(インスタンス)になることができる。
親1親2
アイアイケイケイパンパン
ケイケイNULLNULL
タカシアイアイピンピン
パンパンNULLNULL
ピンピンNULLNULL
ランランNULLケイケイ
リンリンケイケイパンパン


Bテーブルの作成ができ,タプルを格納して次のテーブルの内容(インスタンス)になることができる。
親1親2
アイアイケイケイパンパン
ケイケイNULLNULL
タカシアイアイピンピン
パンパンNULLNULL
ピンピンNULLタカシ
ランランNULLケイケイ
リンリンケイケイパンパン


Cテーブルが作成できない。
Dテーブルが作成されるが,全くタプルの格納ができない。


解答:A


@主キーが子なので、NULLになることはない。
B「タカシ」と「ピンピン」が循環参照になっている。
Cテーブルは作成できる。
Dタプルは格納される。
posted by noumea at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

H18 情報 第29問

IV-29
米国のプロジェクトマネジメント協会(PMI)が提唱するプロジェクトマネジメント知識体系(PMBOK)において,プロジェクトマネジメントのプロセスの分類として正しいものを次の中から選べ。

@計画(Plan),実行(Do),評価(Check),行動(Action)
A立ち上げ(Initiating),計画(Planning),実行(Execution),コントロール(Controlling),終結(Closing)
B立ち上げ(Initiating),計画(Planning),実行(Execution),評価(Evaluation),終結(Closing)
C計画(Plan),実行(Do),評価(Check),終了(Close)
D立ち上げ(Initiating),計画(Planning),実行(Execution),コントロール(Controlling)


解答:A


PMBOKは、プロセスを立ち上げ・計画・実行・監視コントロール・終結の
5つのプロセス群に分類している。
posted by noumea at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

H18 情報 第28問

IV-28
ソフトウェアまたはシステム開発の品質に関する次の記述のうち,不適切なものを選べ。

@より多くのテストケースを実施することが,ソフトウェアの品質を向上させる最も確実な方法である。
A設計局面でウォークスルーやレビューを実施することで,後工程の品質にかかるコストを抑えることが可能である。
Bテストツールを利用することでソフトウェアの品質の向上が図れるとは限らない。
Cソフトウェア開発者にとってバグとはいえないものでも,要求品質の充足という観点で設計書に間違いがあれば,開発をやり直すことがある。
D移行マニュアル,作業指示書などの記述の正確さは,システムの移行テストの検証および評価項目として適切である。


解答:@


テストケースの数を増やすことが「最も確実は方法」とはいえない。
posted by noumea at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

H18 情報 第27問

W-27
次のうち,ソフトウェア開発のテスト局面の手法や技法とは,最も関連のない用語を選べ。

@ブラックボックス Aリグレッションテスト Bチェックアウト
Cビッグバンテスト Dデシジョンテーブル


解答:B


チェックアウトとは、ソフトウエア開発のバージョン管理システムで、
作業コピーをサーバからクライアントにコピーする際などに使用されれる。
posted by noumea at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

H18 情報 第26問

IV-26
ネットワークセキュリティに関する次の記述のうち,最も不適切なものを選べ。

@インターネット上のWeb通信の守秘性(秘匿性)を高める手段の一つに,SSL(Secure Sockets Layer)を利用する方法がある。
Aウイルスの侵入と感染を防ぐ手段の一つに,VLANを用いた検疫ネットワークの利用がある。
BDoS(Denial of Service)攻撃によるサーバへの影響を軽減する手段の一つに,アクセスログを定期的にチェックし,不正アクセスをルータなどでフィルタリングさせる方法がある。
Cスパムメールによるメールサーバの負荷を軽減する手段の一つに,スパムメールの発信者アドレスに対しメールサーバから拒否メールを自動返信する方法がある。
Dなりすましを防ぐ手段の一つに,チャレンジ/レスポンス方式を用いたワンタイムパスワードシステムの利用がある。


解答:C

拒否メールを自動返信すると、メールサーバの負荷は一層高くなる。
posted by noumea at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

H18 情報 第25問

IV-25
IPアドレスに関する次の記述のうち,誤っているものを選べ。

@DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)を利用することで,IPアドレスの付与を白動的に行うことができる。
AグローバルアドレスはICANN(lnternet Corporation for Assigned Names and Numbers)などの組織によって管理されており,日本にもIPアドレスを割り当てるための組織がある。
Bクライアントサーバ通信において,クライアントはARP(Address Resolution Protocol)を用いて,アクセスするサーバのホスト名をIPアドレスに変換するのが一般的である。
Cプライベートアドレスの範囲はRFCによって規定されており,組織内に閉じたネットワークでは白由に利用できる。
Dプライベートアドレスを持つ機器がインターネット上の機器にアクセスするときには,プロキシサーバなどグローバルアドレスを持つ機器を経由する。


解答:B


ARP(Address Resolution Protocol)は、IPアドレスからMACアドレスを
得るためのプロトコル。
posted by noumea at 10:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

H18 情報 第24問

IV-24
インターネットサービスプロバイダがアウトバウンドポート25ブロッキング(Outbound Port 25 Blocking)を行う目的は何か,次のうち最も適切なものを選べ。

@外部からのウイルスの感染を防ぐため。
Aスパムメールの外部への送信を防ぐため。
B内部でのWinnyの使用を防ぐため。
C外部からサーバへの攻撃を防ぐため。
D外部への通信履歴を記録するため。


解答:A


アウトバウンドポート25ブロッキングに関する問題。
Port 25とは、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)で使用する、
通常メール送信に用いられるポート番号。
posted by noumea at 13:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

H18 情報 第23問

IV-23
「レイヤ2スイッチ」は「スイッチングハブ」とも呼ばれ,OSI参照モデルの第2層(データリンク層)のデータを中継するネットワーク機器である。この機器に実装する機能またはプロトコルとして,最も適切なものを次の中から選べ。

@IPアドレスの変換(NAT)
Aデータの暗号化(IPSec)
B動的ルーティング制御(OSPF)
C認証サービス(ケルベロス認証システム)
D物理的ループの解消(スパニング・ツリー・プロトコル)


解答:D

スパニング・ツリー・プロトコルの問題。
ネットワークに冗長性を持たせる際に、ループにより
引き起こされる問題を解決する。

posted by noumea at 19:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

H18 情報 第22問

IV-22
次のモデリングに関する図のうち,UMLで定義されていないものを選べ。

@データフロー図 Aクラス図 Bシーケンス図
Cユースケース図 Dコラボレーション図


解答:@


UMLに含まれるのは、以下の通り。
ユースケース図、クラス図、シーケンス図、コラボレーション図
ステートチャート図、コンポーネント図、配置図、コネクティビティ図
posted by noumea at 06:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

H18 情報 第21問

IV-21
4台のハードディスクドライブ(以下,HDDという)を用いたRAID装置がある。このRAID装置では,2台のHDDで構成したRAID0(ストライピング)を,RAID1 (ミラリング)構成にしている。HDD単体の故障率を0.1としたとき,RAID装置の故障率はHDDの故障率に比べ何倍改善できるか,最も近いものを次の中から選べ。ただし,HDDの仕様は同一で故障は独立に発生し,RAIDコントローラなどHDD以外の故障は考えないものとする。

@2.0倍 A2.5倍 B4.0倍 C6.5倍 D10.0倍


解答:A

ストライピングの場合、2台のHDDの両方が正常でなければ
ならないので、故障率は、

 1 − ( 0.9 × 0.9 ) = 0.19

この構成がミラーリングされているので、どちらかの構成が
正常であればいいため、故障率は、

 0.19 × 0.19 = 0.0361

したがって、改善したのは、

 0.1 ÷ 0.0361 = 2.770...
posted by noumea at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。