2007年10月24日

再現・事例4

第1問
(1)
(a)
売上高営業利益率
(b)
6.00%
(c)
伝統的な町の薬局の廃業により取扱い薬局が
減り売上高が減少しているのに対して、固定
費や販売費・一般管理費が高く利益が少ない。

(2)
(a)
売上高経常利益率
(b)
1.55%
(c)
借入金が多いが売却可能な投資有価証券を保
持しているため、利子負担が大きく経常利益
を圧迫している。

(3)
(a)
当座比率
(b)
37.37%
(c)
流動負債は減少しているが、現金の減少の割
合が大きいため、短期的な支払能力が低くな
り、資金繰りが苦しくなりつつある。
※収益性、効率性、安全性とは思っていたが…。

第2問
(1)
(a)
50%
(b)
1275百万円

(2)
1年間で159百万円の利益が減少しているため、
このまま売上が減少すると残り1.1年で売上が
損益分岐点に達し赤字に転落する。
※固定費やっちゃったかも。

第3問
(1)
-21百万円
(2)
期待値がマイナスのため投資しない。研究開
発を行い、結果がXである場合のみ、現在価
値がプラスであるため投資を行う。
※割引きすぎた。投資しないじゃ話が終わってる。orz

第4問
(1)
従来は個人情報に接していなかったため不十
分と思われる管理体制を整備し、顧客への個
人情報取得の事前通知など教育を社員に行う。
※ボーナス問題か?

(2)
販売店に対する固定費や流動資産が減少し、
収益が逓増し費用の変動費化が図られる。
※何を書くのか分からなかった。
posted by noumea at 16:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。