2007年10月24日

再現・事例3

第1問
(a)
組版から製本までの一貫生産体制を持つこと

直接受注の場合に企画営業を行っていること

(b)
印刷機が速度の遅い片面刷りであること

代理店経由の取引で収益性が低下したこと
※例年通り生産面+取引面で。


第2問
広告代理店の取引により売上は安定している
が、度重なる生産変更やトラブルにより生産
能力が不足し、深夜残業によりコストが増加
している。対策として、最終ユーザによる確
認工程を設けトラブルを防止し、本社と工場
の連絡を適正化する管理体制を作る。
※対策は妄想か。

第3問
現状、企画営業に関して営業から生産までの
情報が一方的に送られており、生産部門から
営業への情報の流れがない。受注量、納期、
在庫、生産状況、生産予定、生産余力などの
情報を相互に伝達し、生産予定を混乱させず
に短納期要請に応えるための、営業と工場の
相互理解を図る。
※具体策との因果がない。

第4問
C社は短納期要請が厳しさを増し企画営業の
強化が必要とされる経営環境にあるが、大手
や同規模の競合が装備する高速な印刷機を有
しておらず本社と工場の連絡ミスも発生して
いる生産体制上の問題がある。投資を行い、
最新印刷機の導入しつつ余剰設備を売却して
投資額を圧縮し、DTP部を工場に移転して
製版と刷版の間のトラブルを防止する。
※投資は是だろうが、移転は妄想。

第5問
事業環境の変化を機会と捉え、最優先課題と
して取り組むようにする。強みである企画営
業力を強化するために、在庫・生産管理に関
する営業と工場のコミュニケーション向上を
図るとともに、印刷用紙の調達・在庫・配送
体制を高速道路に近い工場に整備し、個人情
報の取扱い・管理体制を構築する。
※設問の意味が分からない。
posted by noumea at 15:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。