2007年10月24日

再現:事例1

第1問
2000年前後の市場縮小傾向や、2003年からの
景気回復に遅れて2004年から市場が好転する
など景気に連動しにくいこと、日本市場と海
外市場では異なり、独自のブランド構築の工
夫が必要であること、などである。
※それっぽいことを抜書きしたつもりだが…。

第2問
メリットは、百貨店やSCの集客力によって
顧客が来店し売上が確保できること、広告・
プロモーションなどの販売促進が認知されや
すいこと、などである。デメリットは、百貨
店やSCの一部とみなされ独自のブランドが
確立しにくいこと、イベントやセールなど百
貨店・SCの都合で決まってしまうこと、な
どである。
※イベント・セールは妄想っぽい。

第3問
直営路面店の位置づけは、ブランド確立のた
めの情報発信を行う旗艦店である。X・Yブ
ランドのバリエーション展開やシーズンごと
の企画商品をアピールし、立地を活かした雑
誌・テレビなどへのプロモーションを行う。
※具体策がイマイチ。

第4問
(1)
Xブランドの販売員は平均年齢や業界経験年
数から契約社員中心であり、長年同じ労働条
件で正社員より低い給与水準であること、近
年新規開店による店長への抜擢もなく業績の
進展による昇給もないなどのため。
※転職も書いた方が良かったか?

(2)
インストアショップは本社との関係が希薄で
情報伝達が一方的であるため、責任権限が少
なく本社部門との連携も低いこと、オーナー
や管理職の訪問もないため意思決定に時間が
かかること、などが理由である。
※問題点は本文から抜書き。原因は妄想。

(3)
社歴の長い社員は店長と同等の業務が可能で
あるのに業務が固定化されているため上司へ
の不満が生じる。対策として、ジョブローテ
ーションや職務拡大によって販売員の能力を
拡大し将来像やキャリア確立を支援する。
※妄想。

第5問
売れ筋・死に筋を把握し販売価格を適正化す
るため、ショップ販売員からの情報を仕入れ
や企画に活用することや、百貨店・SCのセ
ール時に売れ行きによりセール品を選別する
などで、利益を確保する。
※妄想。目的の利益確保は設問文のまま。
posted by noumea at 09:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62166126

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。