2007年07月25日

H17 情報 第29問

IV-29
ログに基づくデータベースの障害回復について述べた次の説明で誤っているものを選べ。

@ データベースはバックアップを定期的に取るように求められている。
A メディア障害の回復で,チェックポイントを利用する場合もある。
B 各ディスクの故障が平均年1回の独立事象と仮定すると,ディスクの二重化による同時の故障発生は数千年から数万年に一度と予測されている。
C メディア障害が発生しえないと仮定した場合,処理中の全トランザクションが終了すればログファイルの内容は必要なくなる。
D ロールフォワードはデータベースの処理をやり直して障害回復をする。


解答:C

B:故障が年平均1回であり、平均修理時間を1時間と仮定すると、
  MTBF=365×24=8760時間
  MTTR=1時間
  故障率=1-MTBF/(MTBF+MTTR)=1/8761
  二重化したディスクが互いに独立に故障するので、全体の故障率は、1/87612

C:障害はメディアで発生するとは限らない。
posted by noumea at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50142668

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。