2004年11月16日

経済学入門塾

macro micro master

わざわざ自分が書くまでもなく、すでにいろいろなところで
書かれている有名な本ですけど。

やっぱり経済学というと、まず数式とか出てきちゃいますが、
この本はそういうこともなく、理屈で説明してあります。
講義調の文章なので、実際に説明を受けているような感じです。
ぜひノートを用意して、書かれているグラフを自分で書き写しながら
読み進まれるといいと思います。
グラフを手で書いてみると、その原理とかもわかってきます。
文章を読んでわかったような気になっても、自分で書いてみようとすると
意外にわかってないことが多いものです。
まあ、これは経済学だけに限りませんが…。

上級マスター編を取り上げてるページは意外に少ないですが、
診断士の勉強の範囲としては、これもあったほうがいいです。
まあ、スクールに通われている方は、この本の内容に書かれていることが
当然テキストに書いてあるはずだし、授業に出たりビデオを見たりすれば
同じようなことを話してもらっているはずですが、この本を読むほうが
分かりやすいんじゃないかな、と思います。
結構3冊読むのに時間がかかるかもしれませんけどね。
でも理解しないで暗記ですまそうと思うと、それ以上に時間がかかるし
知識もあやふやになると思うので、手を動かしながらちゃんと1回
読むことをおすすめします。
posted by noumea at 19:20| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 診断士参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー、上級編読んでみたいですねぇ。
良書紹介ありがとです〜。
Posted by きんぜう at 2004年11月17日 05:57
noumeaさん、BLOGへのコメントありがとうございました。
今までのBLOG,読ませて頂きましたが、仕事が多忙な中の取り組みや苦手科目の克服、はたまま、一次後の二次への取り組みなどとても参考になりました。

経済学のテキストですが、やはりこれですね。今一冊目を読んでいて、確かにわかりそうです。
私もnoumeaさんと同様、「時間はかかるけど一度やるべき」かなと思っています。
ありがとうございました。
Posted by matsukatsu at 2005年02月12日 08:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。