2004年11月15日

中小企業施策の手引き

shisaku

きんぜうさんのblogにトラックバック。
#中小企業政策・施策にはかなりやられましたので、参考程度に。

利アップさんのHPでも書かれていますが、パッと見、メチャクチャに
感じる中小企業政策・施策にも基本法を中心とした体系があるようです。
この「中小企業施策の手引き」には、体系図が書いてあり、それこそが
この本の価値であると思います。
逆に言うと、体系図をすでに講義などで解説されていて不要な人や、
体系図などなくともゴリゴリ覚えることができる人には必要ないです。

自分は、まず体系図を理解して、それからパズルのピースをはめるように
覚えていったので、この本は役に立ちました。
各政策・施策の内容は、春頃に出るガイドブックを診断協会でもらってくるか、
Webからダウンロードするかすればよいと思います。
施策総覧もありますが、そこまで自分は手が出ませんでした。

この本は、内容の割には高いので、図書館に購買申請するとか、仲間内で
割勘で1冊買って回し読みするとか、本屋で立ち読みして体系図だけ
覚えてしまうとか、そのような方法でもいいかと思います。
また、来年度には施策の内容が変わったり、なくなったり、増えたりするので、
注意が必要です。
この科目はあまり早くから細かいことを覚えるよりは、まずは大枠を
理解しておくほうがいいと思います。

<参考>
16guide 16souran
posted by noumea at 18:27| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 診断士参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとですぅ。

確かに施策はいくつかに分類できる気がするですね。
覚えててそう思った記憶があるです。

あと、ほかの科目と違って純粋に暗記科目なんで、
時間がたつと忘れちゃうんだよね〜。
だから直前の追い込みが大事かもです。
Posted by きんぜう at 2004年11月15日 21:13
たぶん、診断士としては暗記科目じゃなく、実際の診断業務で
活用すべき知識なのでしょうね。
いや、自分的には全然丸暗記科目なのですが…。
Posted by noumea at 2004年11月16日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1042785

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。