2004年05月02日

平成15年 財務会計

問題

第4問 減価償却

この問題はかなり基礎的な問題です。
財務会計はこの手の基礎的な問題を落とさないことですね。

平成13年4月1日に買って平成15年3月31日時点での
減価償却費ですから2回目の減価償却ということになります。
4,000万円の備品で定率法で25%の償却率ですから、
1年目の減価償却費は 4,000×0.25=1,000
2年目はまず1,000万円引いて 3,000×0.25=750
となります。

定率法の場合は残存価格400万円という言葉に惑わされて
最初に4,000万円から引いてしまわないように気をつけてください。
残存価格を最初に引くのは定額法の場合だけです。

(2004/11/29)
posted by noumea at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1014289

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。