2007年07月09日

Jamis Coda

以前はCannondaleのR500というロードに乗っていたのですが。
っていうか、買ってまだ1年だったのですが、盗まれました。
いまさらCAAD5のフレーム盗むなよ…。

盗むんならもっと高いのにすればいいじゃん…、というのは
まあアレですが、とにかく盗まれると困る。
盗難届けは出したけど、警察が捜してくれるわけでもないし、
オークションとか中古自転車屋とか探していましたが、
まったく見つかりませんね。とほほほほ。

嘆いていても自転車が帰ってくるわけではないので、
通勤用にJamis Codaを買ってしまいました。
Y's Roadで42,000円なり。
いまJamisのチャリを30%オフセールやってるんで、
それなりにお得かも。
ちょっと前にはあさひでもっと安く売ってたみたいだけども。

ま、でも乗ってみると4万円の自転車って感じではあります。
ホイールは重いし、ブレーキを思い切り引くと鳴るし、
サドルはママチャリみたいにふわふわしてるし、シフターは
なんか扱いにくいし…。

ま、フレームはよさげなので、徐々にパーツを交換していくかなー。
パーツにやっぱり4万円くらいかかりそうだが。
posted by noumea at 17:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H17 情報 第13問

IV-13
CPUの性能の高速化技術を述べた文で(a),(b),(c)に当てはまる単語の組み合わせの中で最も適切なものを選べ。
「CPUの性能は,(a)によって影響される。この点を改善するために(b)や(c)などの手法が用いられる。」

 
@キャッシュのヒット率スヌープキャッシュノンブロッキングキャッシュ
A動作周波数パイプラインステージ数の増強メモリ−メモリ型命令の採用
B分岐予測の精度予測子−修正子法トーナメント分岐予測法
C命令レベル並列性の利用スーパースカラ方式VLIW方式
Dスレッドレベル並列性SMT方式Tomasuloのアルゴリズム


解答:C


@ノンブロッキングキャッシュとは、ある命令でキャッシュミスが生じた際に、他の命令のキャッシュへのアクセスをブロックしないことで、キャッシュのヒット率の向上には関係がない。
Aメモリ−メモリ型命令は、レジスタを用いずに複数のメモリに格納されたデータを使った演算を1命令で行うことで、動作周波数の高速化には関係がない。
B予測子−修正子法は近似解を求める手法であり、分岐予測の精度には関係がない。
DTomasuloのアルゴリズムとは、スーパースカラCPUにおける命令レベルの並列化に使われており、スレッドレベルの並列性とは関係がない。
posted by noumea at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。