2007年07月12日

H17 情報 第16問

IV-16
OSの実行可能キューに3つのプロセスA,B,Cがこの順番にあるとする。各プロセスの実行時間は,Aは1秒,Bは400m秒,Cは600m秒とする。これらのプロセスをタイムスライスで,200m秒ごとに切り替え,ラウンドロビンスケジューリングを行う。実行可能キューの先頭のプロセスから実行を開始し,1.5秒経過したとき,実行中のプロセスとその経過時間を選べ。プロセス切替の時間は無視してよい。

@ プロセスAで500m秒
A プロセスAで900m秒
B プロセスBで300m秒
C プロセスCで300m秒
D プロセスCで500m秒


解答:D

ラウンドロビンスケジューリングなので、A→B→C→A→B…という順序になる。
全体の経過時間と、プロセスごとの経過時間は以下の通り。

全体の経過時間プロセスプロセスの経過時間
200A200
400B200
600C200
800A400
1000B400(終了)
1200C400
1400A600
1500C500

posted by noumea at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

とりあえず

二次試験の問題集をアマゾンで注文してみた。

遅っ!>自分

勉強しなきゃ。
勉強しなきゃ。
勉強しなきゃ。
posted by noumea at 22:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H17 情報 第15問

IV-15
OS(Operating System)に関する次の記述の中で,最も不適切なものを選べ。

@ 保護を目的として,OSはプロセッサのユーザモードで走行する。
A プログラムはプロセスないしはタスクにより実行される。
B OSは,物理装置を仮想化することで,論理的な装置を応用プログラムに提供する。
C ハードウェア割込みまたはソフトウェア割込みによりOSに制御が移る。
D 応用プログラムからOSの機能を呼び出すためにシステムコール命令が用いられる。


解答:@


OS(の少なくとも一部分は)スーパバイザ(特権)モードで実行される。
posted by noumea at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

H17 情報 第14問

IV-14
ある問題について,その実行時間の95%は完全に並列処理が可能で,Nプロセッサを利用することによりN倍性能が向上する。しかし,残りの5%は全く並列処理を行うことができない。この問題を10台のプロセッサを用いて並列処理を行った場合,1台で実行するのに比べて何倍高速に実行することが可能か。最も近いものを選べ。

@ 6.9倍
A 7.2倍
B 7.4倍
C 7.6倍
D 7.9倍


解答:@


ある問題を1台のプロセッサで処理するのにxクロックかかるとする。
10台のプロセッサで並列処理を行う場合、5%が逐次処理であり、
95%が並列処理であるので、
 ( 0.05 × 10 + 0.95 )× x = 1.45x
となり、1.45xクロックである問題を10回処理することが可能となる。

ある問題を10回処理するのを逐次処理で行う場合は10xクロックなので、
 10x ÷ 1.45x = 6.896...
となり、およそ6.9倍高速に実行していることになる。

posted by noumea at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

Jamis Coda

以前はCannondaleのR500というロードに乗っていたのですが。
っていうか、買ってまだ1年だったのですが、盗まれました。
いまさらCAAD5のフレーム盗むなよ…。

盗むんならもっと高いのにすればいいじゃん…、というのは
まあアレですが、とにかく盗まれると困る。
盗難届けは出したけど、警察が捜してくれるわけでもないし、
オークションとか中古自転車屋とか探していましたが、
まったく見つかりませんね。とほほほほ。

嘆いていても自転車が帰ってくるわけではないので、
通勤用にJamis Codaを買ってしまいました。
Y's Roadで42,000円なり。
いまJamisのチャリを30%オフセールやってるんで、
それなりにお得かも。
ちょっと前にはあさひでもっと安く売ってたみたいだけども。

ま、でも乗ってみると4万円の自転車って感じではあります。
ホイールは重いし、ブレーキを思い切り引くと鳴るし、
サドルはママチャリみたいにふわふわしてるし、シフターは
なんか扱いにくいし…。

ま、フレームはよさげなので、徐々にパーツを交換していくかなー。
パーツにやっぱり4万円くらいかかりそうだが。
posted by noumea at 17:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H17 情報 第13問

IV-13
CPUの性能の高速化技術を述べた文で(a),(b),(c)に当てはまる単語の組み合わせの中で最も適切なものを選べ。
「CPUの性能は,(a)によって影響される。この点を改善するために(b)や(c)などの手法が用いられる。」

 
@キャッシュのヒット率スヌープキャッシュノンブロッキングキャッシュ
A動作周波数パイプラインステージ数の増強メモリ−メモリ型命令の採用
B分岐予測の精度予測子−修正子法トーナメント分岐予測法
C命令レベル並列性の利用スーパースカラ方式VLIW方式
Dスレッドレベル並列性SMT方式Tomasuloのアルゴリズム


解答:C


@ノンブロッキングキャッシュとは、ある命令でキャッシュミスが生じた際に、他の命令のキャッシュへのアクセスをブロックしないことで、キャッシュのヒット率の向上には関係がない。
Aメモリ−メモリ型命令は、レジスタを用いずに複数のメモリに格納されたデータを使った演算を1命令で行うことで、動作周波数の高速化には関係がない。
B予測子−修正子法は近似解を求める手法であり、分岐予測の精度には関係がない。
DTomasuloのアルゴリズムとは、スーパースカラCPUにおける命令レベルの並列化に使われており、スレッドレベルの並列性とは関係がない。
posted by noumea at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

H17 情報 第12問

IV-12
命令キャッシュとデータキャッシュを独立にもつパイプライン化されたCPUがある。このCPUのパイプラインは,以下の場合にのみストールする。
 1.命令キャッシュがミスヒットした場合:10クロック
 2.データキャッシュを読み出す際にミスヒットした場合:10クロック
 3.読み出したデータを直後の命令で利用する場合:1クロック

命令キャッシュのヒット率を99%,データキャッシュを読み出す場合のヒット率を95%,読み出し命令の生起確率を20%,読み出したデータを直後の命令で利用する可能性を50%とする時,このCPUのCPI(Clock cycles Per Instruction)に最も近い数値を選べ。


@ 1.1 A 1.2 B 1.3 C 1.4 D 1.5


解答:B


条件1より、99%の命令が1クロック、1%の命令が10クロックなので、
 0.99 × 1 + 0.01 × 10 = 1.09

条件2より、20%の確率でデータ読み出しが起こり、その際5%の
読み出しが10クロックかかるので、
 0.2 × 0.05 × 10 = 0.1

条件3より、20%の確率でデータ読み出しが起こり、さらに50%が
直後の命令で利用されるので、
 0.2 × 0.5 × 1 = 0.1

これらを合算して、
 1.09 + 0.1 + 0.1 = 1.29


posted by noumea at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

経歴論文

二次試験の申し込みのときに出す経験論文が、口述試験のための資料に
変わったようなんだけど。

ま、どっちにしても、それなりのことを書けないといけないので、
そのためにいまからの仕事とかを考えないと。
なんか偉そうなことが書けそうな仕事そのものを選ぶのは難しいんで、
なんか本でも買ってその手法とかを応用してみたりとかかなー。
まずは情報工学部門のどれで行くか決めないとですな。

とりあえず二次試験対策をのんびりと始めてみるか。
posted by noumea at 13:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H17 情報 第11問

IV-11
下のカルノー図に対応しない式を選べ。

DC\BA00011110
001 11
01   1
1111  
101 11



@  ̄D ̄C ̄A+ ̄DB ̄A+ ̄CB+DC ̄B+ ̄C ̄B ̄A
A DC ̄B+ ̄CB+ ̄C ̄A+ ̄DB ̄A
B DC ̄B+D ̄C ̄A+ ̄CBA+ ̄D ̄C ̄A+DC ̄BA+ ̄DBA
C DC ̄B+D ̄C ̄A+ ̄D ̄C ̄A+ ̄DCB ̄A+ ̄CB
D DC ̄B+D ̄C ̄A+ ̄CBA+ ̄D ̄C+ ̄CBA


解答:D


 ̄D ̄C ̄BAの場合が余分に含まれており、 ̄DCB ̄Aが含まれていない。
posted by noumea at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

H17 情報 第10問

IV-10
仮想計算機で用いられるスタックマシンが次の命令を有するとする。
  push a スタックにデータaをプッシュする。
  dup スタックの最上部のデータを複製してスタックにプッシュする。
  exch スタックの最上部の2つのデータの位置を交換する。
  add スタックから2つのデータをポップし,その和をスタックにプッシュする。
  sub スタックから2つのデータをポップし,その差をスタックにプッシュする。
(スタック最上部2番目のデータから最上部のデータを引く。)
  mul スタックから2つのデータをポップし,その積をスタックにプッシュする。

このとき,次のように記述されたプログラムが最終的にスタックに残す結果は,どの式を処理したものと同じか。
  push a
  push b
  sub
  dup
  push 1
  add
  exch
  push 2
  sub
  mul

@ (a-b+2)*1
A (a-b+1)*(a-b-2)
B (a-b-1)*(-2)
C (a-b+2)*(a-b-1)
D (a-b)*(1-2)


解答:A

各命令の後のスタックは以下の通り。

命令スタック
push aa  
push bab 
suba-b  
dupa-ba-b 
push 1a-ba-b1
adda-ba-b+1 
excha-b+1a-b 
push 2a-b+1a-b2
suba-b+1a-b-2 
mul(a-b+1)*(a-b-2)  

posted by noumea at 15:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

やっと

申し込み終わった。
すっきりしたー。
posted by noumea at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H17 情報 第9問

IV-9
次の2つの論理式から,導出によって得られる論理式を選べ。
    ∀x(p(x)∨q(x))
    ¬p(a)∨r(b)
ただし,p,q,rは述語記号,a,bは定数記号,x,yは変数記号とする。

@ ¬r(b)
A q(a)∨r(b)
B q(b)∨r(b)
C ∀x(q(x)∨r(b))
D ∀x(p(x)∨¬p(a))


解答:A


述語論理に関する問題。
論理式の意味は、
 (1) ∀x(p(x)∨q(x))→全てのxについて、p(x)またはq(x)が成り立つ
 (2) ¬p(a)∨r(b)→p(a)の否定またはr(b)が成り立つ

(2)において、p(a)の否定が成り立つ場合、(1)でp(a)が成り立たないので
q(a)が成り立つことになる。
(2)において、r(b)が成り立つ場合、p(a)の否定が成り立たないので、
(1)でp(x)が成り立つ条件に反しない。
したがって、q(a)またはr(b)が成り立つ。
posted by noumea at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

そういえば

まだ一次試験の申し込みをしていない。

おいおいおい、ヤバすぎるだろ…。>自分
posted by noumea at 18:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H17 情報 第8問

IV-8
型に関する次の説明文の中で,最も適切でないものを選べ。

@ 静的な型検査とは,コンパイル時に型に関するエラーを検査することである。
A 型検査を行うことにより,エラーを発見できる可能性が高まる。
B オブジェクト指向言語においては,オブジェクトに対する型検査は行わない。
C 整数型(32bit)の値を浮動小数点型(32bit)の値に変換すると,精度の喪失が起きる可能性がある。
D 演算子や関数の多重定義(オーバーローディング)を許す言語では,演算の対象の型によって異なる処理を行うことができる。


解答:B


オブジェクトに対する型検査も行われる。
posted by noumea at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

H17 情報 第7問

IV-7
次のような2つの文字列がある。
 aabbbcddd
 addccee
この両方を表す正規表現ではないものを次の中から選べ。ただし,*は0回以上の繰り返し,|は選択を表す記号とする。


@ a*b*c*d*c*e*
A a*b*d*c*d*e*
B a*(b|d)*c*(d|e)*
C a*(b|d|c)*(c|d|e)*
D a*(b*|d*|c*)(c*|d*|e*)


解答:D


この正規表現では、
 a*→0回以上の連続したa
 (b*|d*|c*)→0回以上の連続したb、d、cいずれか
 (c*|d*|e*)→0回以上の連続したc、d、eのいずれか
となり3種類までの文字種しか表現できない。
posted by noumea at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

H17 情報 第6問

IV-6
演算子の優先順位が次の表で定義されている。また,すべての演算子は右から結合するとする。

  高  #
  低  %,@

式 a % b # c @ d と同じ意味の式を次の中から選べ。


@ (a % b) # (c @ d)
A (a % (b # c)) @ d
B a % ((b # c) @ d)
C ((a % b) # c) @ d
D a % (b # (c @ d))


解答:B


"a % b # c @ d"の中で最も優先度の高い計算を最初に行うと、
"a % (b # c) @ d"となる。
次に、% と @ は同じ優先度であるが、右から計算するため、
"a % ((b # c) @ d)"となる。

posted by noumea at 17:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術士過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。